« 接点 | トップページ | 大晦日 »

2006年12月31日 (日)

今年は

新書ブームだったとか。「Web進化論」は、とうとう自分の人生を変える本になった。

「美しい国」の方はページをめくったがそのまま閉じて棚に戻した。言いたいことはわかる。政治家ならそう考えざるを得ないのだろう。ただ、そこから伝わってくるものは、どうしてもただの苛立ちとしか感じられない。「あきんど-絹屋半兵衛」の苛立ちも似ているだろうか。そのイライラは自分の中にも確実にある。だから余計に辛くなる...

焼き物を見て喜んでくれるお客の顔を思い浮かべるあきんど。お客が驚嘆しながら見入っている焼き物を思い浮かべる職人。ほんのわずかな視点の違い。から生まれる大きな隔たり。それをどうこう言うのを無駄とは言わない。が、今現在の僕等がおかれているのはビジネスの渦中。梅田さんがいうところの「ゆっくりとだが確実に起こる社会の変化」。未来がそこにあると信じてそこに賭けるしかない。

|

« 接点 | トップページ | 大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は:

« 接点 | トップページ | 大晦日 »