« 60億 | トップページ | 今年は »

2006年12月17日 (日)

接点

今年一年、日記を書いていろいろ考えてきた。結果としてとても良かったと思う。曖昧にしてきたことを少しずつクリアにできたと実感できる。

私の生業はコンピュータのシステム開発だ。そう言うと難しそうな仕事だと言う人がいる。それは単純な誤解で、この仕事の難しさは他のどんな仕事の難しさと変わるところはない。幸いなことに、この仕事に従事する人の多くはネットワークに接続していていろいろとヒントを与えてくれる。そこから多くのことを学ぶことができる。とてもラッキーだ。

例えば「ソフトウェア開発の落とし穴」。ここに書かれていることを理解し実践できればソフトウェア技術者として最強間違いなし!本当に必要なことは然程多くない。もちろん、理解すべきことがわずかだとしても、そのマスターが簡単なわけではない。まず最初の壁は、その理解を必要と理解すること。それを重要と思うか思わないか、そこが分かれ道となるだろう。

「ソフトウェア開発の落とし穴」の中で気に入っているひとつは、「どんな初心者でも時間さえかければそのシステムを開発することができる」というところ。大事なところなのにすっかり忘れてしまってた。

誰もが同じ道を歩くわけでない。また誰もが自分の道しか歩くことはできない。僕は、まずクリアに観察できるようになる。目標が見えるようになってくる。後はどんなに時間がかかるとしても、最短の道を歩いていく。これがとりあえず今日の自分が辿り着けた自分とビジネスとの接点だ。

|

« 60億 | トップページ | 今年は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 接点:

« 60億 | トップページ | 今年は »