« デジタルデバイド その1 | トップページ | DNNを社内サイトに »

2006年1月30日 (月)

デジタルデバイド その2

否応なく巻き込まれてしまう。という点では「いつでもどこでもだれでも」はまったくその通りかもしれない。

この時期、サラリーマン農家も農業の所得を加算して確定申告を行なう。ほんのわずか余計に税金を払うためのこの手続き。これがけっこう面倒。払う方も面倒だが、徴収する方はそれ以上に大変だろうなと思うことも多い。ということで登場か、e-Tax

私の方にも、沢山のパンフレットが同封された丁寧な案内が届きましたが、無駄です→税務署さん。今の農家からのあがりでは、この案内や説明にかかる費用を回収できないでしょう。

このサービス、利用者側のメリットってあるのかないのか微妙。なのに、わざわざ利用のお伺いをたてて、更にそのうえ、電子証明書を取得しておかなければならない。というか、いったい何?→電子証明書。この時点でアウト!個人宅に配る必要なし>eTax案内。だいたい、たくさん紙を入れたわりには、その部分の説明は「他を見てね」って...酷すぎ。

でもねえ、百姓はお上絶対だから。そんな案内が届いた日には... 自分もやらんとならん!と思っちゃうんだよね。農協で、「インターネットで申告書の作成ができるんだって」なんて話しを聞いたらそりゃもう大変。いろんなところでいろんなトラブルが勃発よ。わかるよね?

靖さんは、町から案内があったのでわけもわからず加入してしまったインターネットを一度も使わずに2年間なにげなく毎月使用料を払いつづけてた。買って2年まったく使わなかったプリンターを久しぶりに使おうとしたけれど、インクが固まってて自分も固まっちゃった。クリーニングが必要などと思ってもみなかったし、仕方もわからない。なんとか説明書を開いてメーカーに電話して四苦八苦したうえ、結局修理が必要だとわかったが、修理代と同じ値段でより高性能になった新しい機械を紹介されて、ただ感心するばかり。いい人なんです。

申告書作成ページを何度開こうとしても、必ず「不明なエラー」にやられてしまう修一さん。最新バージョンのブラウザが必要らしいと更新方法を教えてもらったが、WindowsUpdateには「更新が不完全です」と表示されるばかり。なんとかMicrosoftさんのサポート情報にたどり着いたがそれも役立たず。もうお手上げ。たいして使いもしなかったはずなのに、「5年経ったから買いなおさんとならんかね?」と思ってしまう。いい人なんです。

という話を傍で聞いていた耕作さん、「インターネットはどこに申し込みすればいい?」って、なぜ自分は止めようとはおもわないっ!どうしてそこまで無理に利用しようとせねばならぬ→電子申告書作成。ただ、プリンターから印刷されるだけなんだって;でも、皆いい人だから...

何がいいたいのかって
使えるインターフェースに至る過程は長いよねと。システム化提案書に書かれていた費用や期間など遥かにかすむ膨大な時間やお金が消費されるよねと。おもいもかけもせずにねと。靖さん、修一さん、耕作さん、みんなほんとうに描かれたように幸せになれるのかなあ?と

利益見積に対しての損失見積が甘すぎる!のだ;こんな例はいくらでもあるだろう。特に「電子化」を目指すお役所の見積は往々に甘くなりがちのような。なのでちょっと心配>電子行政。ただ、それはそれでそんなもんなんだろうなと思う。というか、これを損失とみるようじゃあ、何も進めなくなるような気もする。損失と感じてしまう感性と、無頓着。このディバイドを、どう壊していけば良いのだろう? とうことで、官邸発表への感想はこれで終わり。

|

« デジタルデバイド その1 | トップページ | DNNを社内サイトに »

コメント

なるほど!そこで登場なんやね>ITC
正にうってつけやね。かじやん。がんばっていきましょー

投稿: なす | 2006年2月 4日 (土) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルデバイド その2:

« デジタルデバイド その1 | トップページ | DNNを社内サイトに »